そんなに筋トレにお金と時間をかけて人生楽しいの?と聞かれたら!!

どうも、マッスルパンダです!!

「会社の同僚に、『そんなに筋トレにハマって、お金や時間かけたって、かけた分の代価みたいなものは何も帰ってこないわけじゃん?筋トレって、そんなに意味あることなの?』って聞かれました。

今一つ上手い説明ができず、何だか悔しかったです。先生は、こういう質問をされたことありますか?あるとしたら、どういう答えを返しましたか?」

はい、今回はこのような質問を頂きましたので、筆者なりにお答えしていきたいと思います!!

筆者もこういう質問受けたことありますよ、色んな方に、何度も何度も(笑)!!

ん~、あまり上手に説明しようとせずに、「これだけお金と時間をかけて熱中できる趣味を持てて、自分は幸せだよ」って答えてあげればいいと思いますよ。

確かに筋トレって、血の滲むようなトレーニングをして、回復のために食事やサプリメントに多くのお金をかけて、その分のお金もまかなうために仕事で残業したりして、仕事のあとにトレーニングしたせいで寝る時間が削られたりして、と。

トレーニングをしたことがない、興味がない人からしたら、「何をそんなに必死になってまで………」という印象に、当然なると思います。

同じような努力や自己投資をしている人は、プロのサッカー選手や野球選手ならいくらでもいますが、彼らには年俸や賞金などの「代価」があります。

日本のボディビルやフィジークには現在、「プロ」がありませんから、コンテストで優勝した場合でも贈られるのはプロテインなどのサプリメント数点です。

確かに今回の質問者様が会社の同僚に言われた通り、つぎ込んだ体力、時間、資金に対する見返りは、トレーニングに興味のない人からしたらゼロに等しいものに見えるのかもしれませんね。

ですが、実際は、我々ってあまり見返りについては深く考えていないように思います。

「楽しいから、トレーニングしています」って、ただそれだけではないでしょうか。

一見華やかに見えるプロサッカー選手の中にも、「チームの優勝とか、ファンやスポンサーの期待とか、契約規定の遵守とか、そういうものなどなく、ただ純粋に全国優勝を目指して汗を流していた高校時代が一番楽しかった」と告白する選手もいるくらいです。

見返りがあるから楽しいか、意味があるかと言えば、そうとも限らないように思います。

もちろん、このように考えている選手はほんのわずかかもしれませんし、いや案外、口には出さないだけで実はたくさんいたりもするのかもしれません。

「何でそんなことにそんなにお金をかけるの?」という話をするのなら、スノースポーツ愛好家の方々には申し訳ありませんが、筆者にはスキーやスノーボードにお金と時間をかける人の気持ちがよく理解できません。

ただ、それは!!

筆者がスノースポーツを楽しいと思わないからお金をかけないだけで、筆者はそれとは別のところでボディビルというものにお金をかけていますから、「自分がボディビルを楽しむように、あの人たちはスノースポーツを楽しんでいるんだな」と思うだけです。

プロテインやビタミン剤にお金を使うことも批判されたりしますが、そういう批判をする方々のうち、たいていの方はプロテイン=筋肉増強剤みたいなイメージをいまだに持っている場合が非常に多いです。

月々1~2万円という金額なら、女性ならお化粧品や美容サプリメントに軽々と注ぎ込んでいるでしょう。

トレーニング好きは、女性がキレイでいるために使っているお金を、筋肉に使っているだけ、お金を使う目的が違うだけです。

筆者は車を持っていないのですが、車好きの方にトレーニングに注ぎ込む金額のことを突っ込まれた際には、よく「車好きの人が日々、愛車を走らせるためのガソリンやら、愛車のカスタマイズとかに月数万円かけるように、俺は自分の体に数万円注ぎ込んでいるだけだよ」って答えます。

それで分かってもらえないのであれば、お互いがお互いの趣味に興味がないってだけのことです。

実際、上手く相手に理解してもらえなかったところで、あなたが「トレーニング大好き!!」なのは変わらないでしょう。

誰かに無理に分かってもらう必要はありません!!

「なるほど、これは自分にしか分からない楽しさなんだな!!」って妙な優越感とともに開き直るのも一つの手だと思います!!

筆者は、冒頭でも述べましたが、「こんなに熱中できる趣味を持てて幸せも者だな、俺は」って思ってます(笑)!!

気にせず、今日も明日もこれまで通り、トレーニング楽しんでいきましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする