マッスルパンダが考える、ボディビルダーの筋肉は使える筋肉か否か!

「会社の同僚に、ボディビルダーの筋肉は使えない筋肉なんでしょ?って言われました。デスクワークが主体の自分の会社では、確かに筋肉を強くしても意味がないように思いますが、力仕事をされている方にとってはどうなのでしょうか」

「ボディビルダーの筋肉は使えない筋肉だとよく言われますが、使える筋肉って、具体的にどのようなことができる筋肉を言うのでしょうか。普通の人よりも重いものを持てることって、使える筋肉のうちに入らないのでしょうか」

どうも、いつも読んでいただいてありがとうございます!!

マッスルパンダです!!

今回はこのような質問をいただきましたので、お答えしていきたいと思います。

「ボディビルダーの筋肉は使える筋肉か、使えない筋肉か」については、全日本ボディビル選手権チャンピオンの鈴木雅さんが至極最もな意見を述べられています。

大雑把にですが、次のような言葉でした。

「ボディビルダーの筋肉は、ボディビルに使える筋肉です」

そうなんですよね。

競技ごとに特性が違うのに、何を基準に「使える筋肉」と「使えない筋肉」というのは区別されるのでしょう。

「サッカー選手の筋肉が野球では使えないのと同じように………」という内容のことも鈴木雅さんは話されてましたが、そもそも「使える筋肉」と「使えない筋肉」の境界線なんてものもハッキリさせないまま、多くの人はボディビルダーの筋肉を「使えない」方に分類しますね。

サッカーや野球の選手の筋肉が使える筋肉だとして、それをいつ実生活に役立てるのでしょう。

筆者は、重いものを持ち上げられる筋肉のほうが、よっぽど実生活向きなように思えます。

以前、イチローさんが何かのインタビューで、「神経が通っていない筋肉なんていくらつけたって無駄」ということを話されていました。

ボディビルダーの脚は、オリンピックレベルの短距離走の選手よりも太いのに、彼らのように走ることはできません。

それは、神経が通っていないからです。

「より速くゴールにたどり着くために、こう動け、俺の筋肉よ!!」と命令した通りに、筋肉が動いてくれないんですね。

筋肉にそういう練習をさせていないからです。

では、オリンピック短距離選手の筋肉は使える筋肉かと言えば、実生活であのスピードを要するタイミングはまずありませんよね。

それに、どんなスポーツの選手でも、ベストなパフォーマンスを見せるには「ウォーミングアップ」を必要とします。

急を要するタイミングで、最大パフォーマンスを発揮せねばならない状態が仮に生じた場合に、悠長にウォーミングアップなどしていられません。

それに、短距離走の選手のように「速く走ることに特化した筋肉と動き」を身につけた人でさえ、下手にウォーミングアップなしに全力を出せば、肉離れや靭帯損傷などを起こしてしまいます。

むしろ、それに特化した体だからこそ、入念なウォーミングアップとコンディショニングなしでは成り立たない身体能力になっています。

それは、ボディビルだろうとパワーリフティングだろうと、サッカーだろうと野球だろうと、陸上競技だろうと格闘技だろうと同じことです。

みな、それぞれにおいて最高のパフォーマンスと結果を出すためだけの体を日々作り上げているだけで、「使える使えない」なんていう概念は持っていません。

使える筋肉と使えない筋肉を語るのは、何もしない人です。

それと、筆者は今の仕事をする以前は、約5年半の間、物流業に従事していまして、一時期は15kg~30kgのものを毎日毎日1000個も2000個も持ち上げていましたが、腰を痛めたことは一度もなければ、その疲労のせいでトレーニングができないという日もほとんどありませんでした。

時給単価からすれば、ずいぶんと割に合わない仕事をしていたものですが(笑)、楽しかったのであまり気にしていません。

たぶん、プロのサッカー選手や野球選手の方でも、筆者と同じ仕事をしていたら、早い段階で腰痛を発症するのではないかと思うんです。

ボディビルダーの筋肉が使える筋肉か使えない筋肉かというのは、やはり時と場合によるのでしょう。

筆者は脚の筋肉は外で走ったり跳んだり自重で難易度の高いスクワットをしたりして鍛えています。

おかげで、86kgという体重でありながら助走をつけて跳べば、調子のいい時でしたら160cmくらいの高さのモノにも飛び乗ることができるくらいジャンプ力は強くなりましたが、実生活でそんなことをする場面はまずありません(笑)!!

筆者のところに人生相談に来てくれた若い方と談笑しながらサッカーボールのリフティングなどをして遊んでいるうちに、いつの間にやらボールを落とさず100回のリフティングができるようになっていましたが、それも実生活では使いません。

でも、楽しいです。

以前できなかったことができるようになるから、成長を感じるんです。

それが楽しいんです。

そして、そこから次の目標が生まれるんです。

他人に「あなたの筋肉は使えない筋肉だ」と言われたからと言って、悔しさのあまり無理に「使える筋肉、のようなもの」を身につけても、実際はそれも使えない筋肉です。

捉え方を変えましょう。

「楽しめる筋肉」をつけていきましょう。

自分が楽しければ、それでいいのです。

以前は上がらなかった100kgのベンチプレスが上がって喜びを感じたのなら、それでいいのです。

そして、次は105kgを持ち上げられるようになる努力をする楽しみを味わってください。

他人にとって良いことか悪いことかなんて関係ありません。

そしてできることなら、それを一緒に喜んでくれる人と一緒にトレーニングしたり、時間を過ごしたりするようにしてください。

「使えるか使えないか」なんてことよりも、「楽しいか楽しくないか」に目を向けていきましょう。

以上、今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!


マッスルパンダ愛用の添加物不使用のプロテインはこちら!!

ファイトクラブ 風神プロテイン 1kg ホエイ・プロテイン・コンセントレート

新品価格
¥2,678から
(2018/5/6 06:14時点)

ホームジムを検討されている方はこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする