マッスルパンダ式、トレーニングノートはつけるべきか否かについて!

「トレーニングノートって、重要ですか?トレーニング中は、勢いを大切にしたいと感じています。トレーニングノートをつけていると、いちいち集中力が途切れる気がします。ノートに汗が垂れないようにするのも面倒に思えますが、トレーニングノートってそれでもつけていった方がいいのでしょうか」

「トレーニングノートをつけるメリットを教えてください!!自分はあまりノートつけたくないのですが、つけるメリットがあれば、知りたいし、活用してみようとも考えています!!」

どうも、いつも読んでいただいてありがとうございます!!

マッスルパンダです!!

今回は、トレーニングノートについて、書くべきか否かについて記事を書いていきたいと思います。

筆者は、トレーニングノートを書くまでのことはしませんが、ケータイのメモ帳にざっくばらんにその日のトレーニングメニューとその感想を書きます。

筆者が思うに、トレーニングノートやトレーニングメモの最大の利点は、「結果が伸び悩んだり、調子が悪かったりした時に、過去のメニューなどをさかのぼることで原因を探り当てる手掛かりにすることができる」という点です。

そして、一方で、それはデメリットにもなり得ます。

ついつい過去のデータをあてにしてしまって、何だかいつも「これをやっておけば間違いなさそう」というようなトレーニングにばかり取り組んでしまったり、新しい種目にチャレンジするのが億劫になってしまったり。

毎回、無計画かつ無目的にジムに行き、その場の思いつきでトレーニングをこなすというのも考え物ですが、それはそれで身軽で楽しそうにも見えますね。

一方、毎度毎度トレーニングノートに沿って順序良くトレーニングを進めていく方が合理的ですが、何だか味気なさそうにも思えてきます。

筆者はそんな風に感じたものですから、「トレーニングが終わった後で、こなしたメニューとその感想をケータイのメモ帳に書いておき、次はどのようにアレンジしていくかを書いておき、それを次回の「トレーニングの参考材料にする」という手法を取り入れています。

トレーニング中にその作業はしません。

集中力が途切れる上に、質問者様もおっしゃっていたように、勢いが無くなるからです。

トレーニングは「楽しむことが基本」と、筆者は考えておりますから。

もちろんトレーニングノートをつけていくこと自体は否定しませんし、個人の自由です。

ですが、ノートをつけている方の、そのノートの中身を拝見させていただくと、「毎回似たようなトレーニングばかりしてるなぁ~」と感じることが多いように思えます。

あくまで筆者の見る範囲での話かもしれませんが。

どんなに結果に反映されるトレーニングでも、ずっと同じ刺激では筋肉の成長は確実に止まります。

あまりトレーニングノートに縛られすぎないように、そして、新鮮な刺激を追い求め、時には自分のルールを破ることです。

以上、今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!!



ホームジムを検討されている方はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ともや より:

    僕もトレーニングノートについてはマッスルパンダさんと同じ考えです!!

    またまた質問なんですが、パンダさんが糖質制限を始めた際に血液検査などで異常数値はありましたか?
    総コレスロール値が上がってて少しビビってます。笑

    また、糖質制限下でも体重および筋量を増やすことは可能なのでしょうか?