マッスルパンダ式、夏の筋肉はカリウム、塩、カカオで守る

「外仕事をしている者です。夏の終わり頃になると、毎年3~4kgくらい体重が落ちます。夏でも他の季節と変わらないくらいしっかり食事とカロリーは摂取しているのですが。食事の量は変わらないのに体重だけ落ちるということはあり得るのでしょうか。夏特有の原因があるのでしょうか?」

「食事も水分もしっかり取っているのに、夏場は外から帰ってくると1kg、ひどい時には2kgくらい体重が落ちています。特に問題なければいいのですが、何か体重が落ちているのをみると落ち込みます」

どうも、いつも読んでいただいてありがとうございます!!

マッスルパンダです!!

夏、外で仕事したり遊んだりして帰ってくると、出かける前よりも1~2kg体重が減るという現象。

これ、単純に水分の減少によるものです。

夏の暑さは体に炎症とストレスを蔓延させますが、さすがにたったの数時間で1~2kgも筋肉が落ちるという事態はそうそう起きるものではありません。

とはいっても、筋肉の主成分も水分なので、筋肉が減っていると言えば減っています。

ボリュームの問題ではありますし、水分を取れば元には戻りますが、ただ水を飲めばいいわけでもありません。

焦らず対策を施しましょう!!

筆者的にオススメなのは、野菜ジュースと、ヒマラヤ岩塩と、高カカオチョコを利用することです。

野菜ジュースはカリウム、ヒマラヤ岩塩はナトリウムと微量のミネラル、高カカオチョコは炎症を和らげ、体内の一酸化窒素合成能力を維持するポリフェノールを摂取するため。

夏場にしっかり水を飲んでいるのにも関わらず体重が減ってしまうのは、体内のカリウムとナトリウムのバランスが崩れてしまっているためです。

汗で出ていったナトリウムとバランスを取るように筋肉細胞内のカリウムも水分とともに排泄されていくため、汗をたくさんかいた分しっかり水分を補給しているつもりでも、ナトリウムとカリウムも補給しなければ、結果的に補給した水分はあまり体内に残りません。

むしろ、体内のカリウム:ナトリウムのバランスを維持するためにどんどん出ていきます。

細胞内のカリウムと、細胞外のナトリウムはだいたい4:1くらいの量を保つと、しっかりと体内に水分を保持してくれます。

ここまで厳密に計算してるとストレスなので、野菜ジュース50mlに対してヒマラヤ岩塩2振りor2ひねりとしておきましょう。(筆者が使用しているのはスーパーで売っているひねるタイプです、後でリンク張っておきますね)

これを150~200mlの水で薄め、200~250mlの塩野菜ジュースを作ります。

筆者はここに筆者お馴染みの甘酒を30mlと、ホエイ・アイソレートを20gほど混ぜて置き、甘酒の酵素でホエイを分解させておきます。

アミノ酸や、BCAAでも構いませんが、そうすると味がヒドイことになりますので覚悟しておいてください。

糖質とタンパク質だけだとバランスが悪いので、オリーブオイルも5gほど混ぜます。

この塩&野菜&オリーブオイル入りプロテインシェイク1ボトルにつき、高カカオチョコを3~4個持ち歩きます。

高カカオチョコのポリフェノールとオリーブオイルはともに体内の炎症ストレスをかなり軽減してくれるので、夏の外仕事&アウトドアにはオススメ。

高カカオチョコについては、筆者は明治さんの86%か95%のものをいただかせてもらってますが、まぁカカオ濃度はお好みで結構です(72%だと、ちょっと砂糖による肝臓疲労の蓄積が気になるところ……)。

筆者は夏の休日にサイクリングに行く際は、これを2~3セット持っていきます。

保冷素材で作られたリュックに、保冷剤を2~3枚詰めておけば、ドリンクもチョコも冷え冷えのままにキープできます。

外仕事の方にも重宝するはずです。

え~と、まとまらない書き方ですみません。

一応まとめますと……

①野菜ジュース(なるべく濃いもの)を50ml、甘酒30mlに水を足して200~250mlにしたものに、ヒマラヤ岩塩を2振り、お好みでプロテインやアミノ酸、オリーブオイルを混ぜて体水分キープ用スペシャルドリンクを作る

②このドリンク1つにつき、高カカオチョコを3~4個

③保冷リュックに保冷剤を詰め、ドリンクとチョコが温まらないようにする

④スペシャルドリンクと高カカオチョコを、食事の合間に飲み食いする

こんな具合ですかね。

夏は食欲がわかない時期でもありますので、筆者はあえて1食当たりの量を減らして、こういう少量の食事を空腹を感じる前に取るようにしたりもします。

だいたい90分間隔。

この方法を取り入れる前は、サイクリングから帰ってくると毎回体重が2kgくらい落ちていて、鏡に映る体も何だかしょぼんとしてしまっていたのですが、取り入れてからは毎回体重が維持できているどころか、水分がきれいに入れ替わってるせいで肌がピカッとしています。

ちなみに筆者のをそのまま真似したとしたら、ドリンクとチョコでだいたい200~250kcalくらいです。

それと、1つだけ注意点があります。

週に一度は、カリウムとナトリウムをあまり摂取せずに体内の水分を出すようにしてください。

熱中症には注意が必要ですが、カリウムとナトリウムで体内の水分量を高くキープできる反面、古い水がいつまでも細胞内にとどまる可能性もあります。

そうすると、老廃物の排泄がゆるくなってしまいますので、それはそれで調子を崩す原因になります。

30~60分くらいでいいので、カリウムもナトリウムも含んでいないただの水を飲みながらウォーキングをするなど。

もちろん、週1日は仕事に塩野菜ジュースと高カカオチョコを持っていかずに水だけを飲むというのでも構いませんし。

熱中症には注意してくださいね。

是非お試しあれ~



保冷リュックと保冷剤

TOURIT 保冷バッグ お弁当 クーラーバッグ 大容量 保温バッグ リュック 買い物 運動会 お花見 アウトドア 二段式 オールシーズン 28L 16Cans ブラック

新品価格
¥3,770から
(2019/7/28 15:11時点)

アイスジャパン 保冷剤 フリーザーアイスハード 300 FIH-03S PE 日本 AHLV901

新品価格
¥161から
(2019/7/28 15:12時点)

ヒマラヤ岩塩

ヒマラヤピンクソルト

新品価格
¥890から
(2019/7/28 15:13時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする