ボディビルというマイナー競技をメジャー競技と比較されたら!!

どうも、いつも読んでいただきありがとうございます!!

マッスルパンダです!!

「優勝したりテレビに出たりすればちゃんと賞金やギャラがもらえるメジャースポーツなら分かるけど、ボディビルとかさ、何でかけた分のお金がほとんど返っても来ないマイナー競技にハマるわけ?って、見下された感じで質問されました。すごく腹が立ちました。そういう経験って無いですか?あったとしたら、どのように対処しましたか?」

今回はこのような質問にお答えしていきたいと思います!!

とても多いです、このような質問をいただくこと。

「何の見返りがあって、トレーニングにハマるの?」って、筆者も大学生時代から何度も何度も質問されてきました。

メジャースポーツと比較されたうえで質問された経験はまだありませんが、されたとしたら単刀直入にこう答えます。

「トレーニングしてみれば分かると思います」と一言だけ。

やってみた上で、楽しい、楽しくないと感じるのは人それぞれです。

その人が「やってみたけど、楽しくない」と感じたとしても、それはその人にとってのトレーニングであって、私たちがトレーニングを「楽しくないもの」と位置付ける理由にはなりません。

以前、筆者がとても応援していた、Jリーグで活躍し、日本代表にも選ばれたプロサッカー選手がいたのですが、いつの間にかテレビから姿を消し、いつの間にか母国へ帰ってしまっていたことを聞いて、少し寂しい気持ちになり、同時に違和感を覚えました。

メジャースポーツで活躍することが華やかに見えるのは、見ている側だけの感覚なんじゃないかなって思ったんですね。

メジャースポーツにいながら、活躍することができずに注目されない、あるいはかつては脚光を浴びていたのに現在では日の目を見ない日が続いている、といった場合、選手たちはどんな心境なのだろうと思ったんです。

人からの注目も称賛も、賞金も名誉もいらない、サッカーさえできればいい!!野球さえやらせてもらえればいい!!っていう人って、たぶんいないんじゃないでしょうか。

少なくとも、そういう人はプロにはなろうとしないはずです。

ボディビルって、確かにマイナースポーツですし、賞金もなければ世間からの注目度や称賛を受けることも多くはないですけど、取り組んでいる本人たちはみな一様に「トレーニングは楽しい!!」って言うんですよね。

だからメジャースポーツよりもマイナースポーツの方が良いんだとか、どちらも変わらないんじゃないかっていう話をしたいわけではないんです。

ただ、「楽しむ」という点では、ボディビルの競技人口とボディビルを趣味にしている人の数に対して、ボディビルというトレーニングに「楽しい」と答える人の割合はほとんど100%に近いんじゃないかななんて思ったりもします。

しかし、メジャースポーツをしている方々全員に「楽しいですか」と聞いたとしても、YESと答える人は3割いかないんじゃないかな~と。

あくまで筆者の想像ですが。

それに、トレーニングは日本でもこれから少しずつメジャーになっていくのではないかとも感じています。

フィジークというカテゴリーは年々人気度を増していますし、関係ないかもしれませんが、トレーニングのことを解説したり、トレーニングの楽しみ方を共有しようというユーチューバーも増えてきています。

要するに、関心度が非常に高まってきているんですね。

それに、トレーニングって、ジムで重いものに歯を食いしばって耐えてるだけのイメージで見られがちですけど、食事の工夫とか、栄養学、解剖学、生理学など、知的好奇心を刺激されやすい人には持ってこいのスポーツなんですよね。

何かと何かを比較して、それぞれの長所や短所を述べるくらいならまだいいですが、比べてどちらかを見下したり優劣をつけるような人は、そもそも何も楽しいことがないんです。

楽しいことがある人は、「わたしが自分の趣味を心の底から楽しんでいるように、あなたもボディビルを心の底から楽しんでいるんですね!!」って理解できます。

見下されたからと言って、イライラしてはいけません。

この人には楽しめないことを自分は楽しんでいるんだって、開き直ってお仕舞いで構わないと思います(笑)!!

そんな人にイライラして、それによって体内でコルチゾールが分泌されてしまった時には、あなたの筋肉が分解されていってしまいます。

そんなことで、努力の結晶をわずかながらでも削ってしまうのは、この上なくもったいないことです。

Haters gonna hate.否定する人は何でも否定する、という言葉があります。

馬鹿にされたって、気にしない気にしない!!

ジムにいる仲間と、前進あるのみです!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする