トレーニング・パートナーがいることのメリット・デメリットについて

どうも、マッスルパンダです!!

「これからジムに通って本格的に体を鍛えようと思うのですが、誰かと一緒にトレーニングした方が成果は出やすいんでしょうか?」

「一人よりも二人の方が、トレーニングの成果やモチベーションの維持には効果的でしょうか?」

はい、今回はこれらの質問にお答えしていきたいと思います!!

パートナーがいることがプラスになるかマイナスになるかは、はっきり言って相性次第です!!

当然と言えば当然かもしれませんが………。

「本格的なトレーニングを目指してジムに入会しようと考えたものの、一人だと入りづらいから誰かを誘って入会することにした」という場合は、二人のうちどちらかは長続きしないというパターンが圧倒的多数です。

筆者としては、トレーニングに興味があるなら、まずは家で腕立て伏せやダンベルカールなどをして体つきの変化やトレーニングそのものの楽しさなどを学んで、「もっとトレーニングの幅を広げたい!!」と思ったのならジムに入会する、というプロセスをおすすめします。

もちろんいきなりジムに入会することは悪い始め方だと言ってるわけではありません。

ジムに入会することで自分にどんなメリットがあるのか。

それは家には置けない多種多様なトレーニング器具が使えるという点です。

ですが、その器具を駆使することでどんな体つきになりたいのかというイメージを持たないうちからジムに入会しても、それらの器具はあなたの体にあまり大きな変化をもたらしません。

あなたの体つきはあなたが思い描いたイメージに沿って変化していくものですから、イメージがないうちから器具にばかり頼って、なおかつデタラメなフォームでトレーニングをしていても、家でトレーニングする以上の結果は期待しにくいものになってしまいます。

しっかりとしたビジョンを持ち、正しいフォームを身につけて、家で腕立て伏せや腹筋、公園で懸垂、河川敷でダッシュやジャンピングスクワットなどのトレーニングに地道に取り組んでいる人の方がかっこいい体をしています。

その反面、「家でのトレーニングをある程度続けた結果、家ではできないトレーニングに興味を持った者同士」がジムに入会すると、パートナーシップはとても長続きしますね。

興味の方向が同じだからです。

何も分からない者同士が一緒にジムに入会してどちらかが長続きしないパターンに陥るよりは、「興味があるなら思い切って一人で入会してしまえ~」と、筆者はこう考えます。

ジムに入会してからトレーニングパートナーが見つかるというケースも多分にあります。

一緒に入会した者同士よりも、ジムで知り合って意気投合してパートナーとなった二人というのはとても長続きします。

トレーニングする者同士、どんなトレーニングをしているか、どれだけ熱心に取り組んでいるかなど観察するうちに、同じ匂いみたいなものを感じ取るのではないでしょうか。

さて、パートナーがいることのメリットについてです。

簡単に説明すると次ようなメリットが挙げられます。

①フォースドレップス(追い込み)が可能

②ドロップセットの際の重量調節が早くできるようになる(バーベルのプレートを外す作業を左右同時に行えるなど)

③情報を共有し合える

④熱意の度合いが一緒なら、互いにモチベーションを維持しやすい

などなど、基本的にはメリットだらけです。

しかし、④に関しては難しいところで、一人はいつも熱心なんだけどもう一人はモチベーションにムラがあるという場合があります。

こうなってしまうと、熱心に取り組んでいる方としては、ダラダラとトレーニングしている相方を見てイライラしてしまうということになります………(苦笑)。

パートナーと一緒にトレーニングを行う前提でトレーニングメニューなどを作った場合はなおさら、パートナーから「モチベが上がらないから、今日ジムやめとくわ」という連絡が入るたびにあなたのフラストレーションが蓄積されていくに違いないでしょう。

そういうケースもあるということを最初から考えすぎても始まりませんし、何事も経験ですから、パートナーと共にジムに入会したり、パートナーを探すこと自体には積極的に取り組んでください!!

パートナーがサボりがちになったり、先にドロップアウトしたなら、「俺はもっと先に行く!!」と心で叫んで、その心意気に見合う新たなパートナーを探しましょう(笑)!!

ホームジムを検討されている方はこちら

日々の意欲を高めたい方はこちら!!楽天ランキングにおいて1位2位を独占した活力サプリメント !!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする