マッスルパンダ日記「ボディビルをお休みして半年経ちましたので」

どうも、いつも読んでいただいてありがとうございます!!

マッスルパンダです!!

2019年6月現在、2018年の暮れにジムに通うのを止めて半年が経ちました。

早いものです、時が経つのは。

筆者は、ボディビルを再開しようと思います。

というより、ボディビルというかトレーニング自体は続けていたんです。

内容も、自宅でやるにはかなりハードなものにしていたつもりですので、体重は1~4月末までの間で一旦2kg落ちたものの、5月の間の1ヶ月間で1kg増えました。

新たに筆者が興味を持ったことはですね、自宅でのトレーニングで十分ボディビルってできるんじゃないかってことなんです。

それから、ボディビルダーに必要なものって、もっと「リラックスすること」だと思うんです。

5月の間に筋量が増えたのは、「リラックスを重視したから」←これに尽きるかなと。

筆者はこの半年間、まぁ~よく寝ましたし、よく神社にも行きました。

去年までの睡眠時間は、長くても1日6時間で、昼寝もあまりしませんでした。

今年に入ってからは夜に7時間半たっぷり寝て、必要と感じれば昼寝も30~60分取りました。

リラックス目的で神社に滞在する時間も毎日30分以上になりました。

神社にある大木の下に寝転んで、頭上にある木の枝と葉っぱが揺れる様子を眺めていると、すんごくリラックスできるんですよ。

トレーニング時間も、去年までは長くて45分、短くて15分だったところを、今年に入ってからは15分に統一しました。

調子が良い時には時間を延長したくなりますが、そこをグッとこらえて15分を守りました。

あれこれとやるのではなく、15分でどれだけ自分を追い込めるかを考えました。

長時間トレーニングし続けると、トレーニング終了後もなかなか交感神経のスイッチがオフになりませんが、15分でパパっと追い込むとスカッとした気分になって、一気に交感神経から副交感神経に切り替わるんです。

これもリラックスにつながります。

あと、30~60分の昼寝から覚めたらすぐには起き上がらず、脇腹をマッサージするというプチテクニックを取り入れました。

このテクニックを取り入れていたのはここ2ヶ月での話ですが、ウエストが2cmも細くなったんです。

横になった状態が長く続いたあとにマッサージするのが良いらしいので、昼寝から覚めたあとにやるようにしているんです。

この半年で、とてもたくさんのことを学びました。

従来から取り組んでいたこと

①脂質と野菜中心の食生活

②炭水化物を100g前後に抑える食生活

この2つに加えて

③夜間に7時間半の睡眠 + 昼間に30~60分の昼寝

④朝のコーヒー&MCTオイル&アミノ酸

⑤15分で極限まで追い込むトレーニング

⑥飽きを感じたらすぐにその日のトレーニングは休みにする「頑張らないトレーニング」

⑦自然に触れながら散歩をしたり読書をしたりする「副交感神経刺激習慣」

これらを新たに取り入れていこうかなと。

ちなみに、サプリメントは

添加物無しのプロテイン(筆者はファイトクラブさんのホエイプロテイン・コンセントレート「風神」を使用しています)

βアラニン、クレアチン、カルニチン、フォスファチジルセリン、ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)、DHA、MSM、ソーパルメット(ノコギリヤシ)、亜鉛、ビタミンD、カフェイン、マカ、コラーゲン、メラトニン含有サプリ

を基本にしていこうかなと。

種類は多いかもしれませんが、ひと月に1ボトル使い切るものは一つもありません。

このサプリメントの中で、日中でも回復を促進してくれるのはβアラニンのみです。

間接的には、フォスファチジルセリンとMSMも回復を促進してくれますが、回復の要はやはり「睡眠」なんです。

その睡眠のタイミングで、上記のサプリメントの多くを一度に使用しますが、どれも2ヶ月以上は持ちます。

費用でいうと、ひと月に2万円から2.5万円くらいです。

それ以上が必要なレベルのトレーニング(時間や頻度を上げるなど)には、恐らく無駄が出るというのが、この半年間で出した筆者の結論です。

この半年間で、ほとんど体つきも体重も変わらなかったものですから。

ちなみに現在は、身長175cm、体重81kg、体脂肪率8%です。

ボディビルをお休みし始めた半年前と比べて、1kgしか減っていない状態です。

今はちょいと、好奇心が強い状態ですね。

この状態で従来通りのスピードで筋肥大を進めていくことができたら、なかなか画期的ですよね。

睡眠時間を削り、お給料から多額をつぎ込んで十数種類ものサプリメントを毎月何ボトルも使用している社会人ビルダーの方々に、朗報になるかもしれませんもんね。

1~2時間もトレーニングしなくても、何万円もつぎ込んでまでサプリメントを揃えなくても、その費用を稼ぐために睡眠時間を削ったり余計なストレスを抱えたりしながら長時間労働をしなくてもいいことになりますから。

15分だけ自分を追い込んで、あとはとにかく副交感神経ができるだけオンになりやすいように環境や習慣を整えればいいわけですから。

そして、そのような環境や習慣はそもそも、人の幸福感を劇的に高めてくれます。

筆者、今とても幸せですから。

結果はいらないと思っているくらいです。

でも、そんな風に思っている今の方が、良い結果ばかりが舞い込んできています。

仕事でも、トレーニングでも。

頑張らないように、頑張ってみますね。

これからもトレーニング、楽しんでいきましょうね。

いつも読んで下さっている方、本当にありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする